タグ別アーカイブ: すそわきが

誰にも相談できない!陰部の気になるにおい「すそわきが」を抑える方法

陰部の嫌なにおいに悩んでいる方は少なくありません。場所が場所だけに誰にも相談できず、ひとりで悶々としている方もいるはずです。
女性のデリケートゾーンはどうしてにおいを発しやすいのでしょうか?またその対策についてもご紹介したいと思います。
1、陰部の嫌なにおいの原因ってなに?

陰部から嫌なにおいがすることを「すそわきが」といいます。
「わきが」は知っていても「すそわきが」を知らないとい方も多いでしょう。
すそわきがの原因は、わきがの原因と基本的に同じです。
アポクリン腺という汗腺から分泌される汗と、皮膚上にいる菌とが混ざりあって分解され、あの独特な刺激臭を発生させるのです。特に女性には生理があり、またおりものなども分泌されるため、デリケートゾーンは不衛生になりやすく、においを発しやすくなってしまいます。

2、あなたはすそわきが?
自分がすそわきなので心配な方は、次のチェック項目に答えてみてください。
□両親のどちらか一方、もしくは両方がわきがである
□下着が黄ばみやすい
□耳垢が湿っている
□恋人やパートナーににおいについて指摘を受けたことがある
これらのうち一つでも当てはまるものがあれば、すそわきがの要素を持っています。しかし悲観する必要はありません。
しっかりとにおい対策に取り組めば、予防することが可能です。

3、蒸れは厳禁!

陰部のにおいを誤魔化そうと、いつもパンツスタイルでいる方は、すそわきがを悪化させる恐れがあるので注意しましょう。
陰部が蒸れることによって余計に菌が増殖し、刺激臭を発生させることになります。風通しの良いボトムスを着用するように心がけましょう。
そうはいってもスカートを履くのは不安だという方は、流行りのガウチョパンツやワイドパンツがおすすめです。ぴったりとしたスキニーデニムはやめておいたほうが無難でしょう。
またパンティの生地にもこだわってください。
コットンのものが通気性が良く、蒸れの防止につながります。とにかく蒸れないようにすることが大切です。

4、食事にも気を配って!

肉類を好んで食べる方は、体臭が強くなる傾向にあります。
肉食文化を持つ欧米人の体臭がきついと言われているのは、そのためです。
陰部のにおいが気になる方は、肉類の摂取を少し控えるようにしましょう。
おすすめの食材は野菜類や海藻類です。
これらの食材を多く使った食事をバランス良く食べることで、においを軽減することが可能です。
こってりとした洋食よりもあっさりとした和食を積極的に食べるようにしてください。体臭だけでなく、お肌や健康にも良い影響を与えることができるでしょう。

5、正しい洗い方をしよう!
においが気になるからといって、お風呂で陰部をゴシゴシと洗っていませんか?
強くこすって洗うと肌が乾燥してしまい、アポクリン腺から余計に汗が分泌されてしまいます。
これでは逆効果です。
たっぷりと泡立てた泡を柔らかいボディタオルにつけて、陰部をやさしく丁寧に洗うようにしてください。そして最後はぬるま湯で石鹸が残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

まとめ
いかがですか?すそわきがだからといって、悲観する必要はありません。
ただしいケアをすれば、においを効果的に予防することが可能です。
それでもどうしても気になる場合は、クリニックの受診も視野に入れましょう。
専門家の力を借りれば、悩みをスッキリと解決することが可能でしょう。